キャッシングは収入証明を提出しないで利用可能なの?源泉徴収票は不要?調べてみました!

キャッシングに収入証明の提出は必要なの?

キャッシングを利用したいけど、給与明細や源泉徴収などの収入証明の提出が必要なのか心配な方へ。キャッシング・カードローンサービス3つ(モビット、プロミス、アイフル)の条件を比較してみましたので、参考にしてみて下さい。

キャッシング申込時に収入証明が必要になる条件

モビット プロミス アイフル
条件 HPに明確な記載なし ・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのお借入残高の合計が100万円を超えるお客さま
・(1)アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合

・(2)アイフルのご利用限度額と他の貸金業者からのお借り入れの合計額が100万円を超える場合

・(3)前回収入証明書をご提出いただいて3年以上経過している場合

公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

それではキャッシングに必要な書類はどのようなものがあるのか確認しましょう。

キャッシングに必要な書類一覧

以下がキャッシングの申込時に必要となる書類一覧です。

  • 本人確認書類(運転免許証)、運転免許証がない場合はパスポートか健康保険証等
  • 上記の条件に当てはまる場合は収入証明書(源泉徴収票、給与明細、確定申告書等)

これらの書類が用意できれば、すぐにキャッシングに申し込むことが可能です。

キャッシング・カードローンサービスのおすすめランキング

初回利用は30日間無利息!
プロミス
5
商品名フリーキャッシング
ご融資額500万円まで
借入利率4.5%~17.8%(実質年率)※新規契約の方が対象となります。
資金使途生計費に限ります。(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)
担保・保証人不要
プロミス
  • Web完結でカードレス利用可能
  • 最短で即日融資も可能
  • 初回利用で30日間無利息サービス

プロミスではWebで申し込むことで、カードレスかつ、最短即日融資が可能です。返済用の口座振替もゆうちょ銀行や地銀など、多数の金融機関が対応しているので、返済忘れの心配もありません。

※対象金融機関は200行以上あります。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座なら、24時間最短10秒で口座にお金を振り込んでもらうことも可能です。

そしてなんと言っても、初回利用は初回利用日翌日から30日間無利息なのが嬉しいサービスです。急にお金が必要になったときでも、30日以内に返済するなら利息が掛からないとても便利なサービスです。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

電話、郵送物なし!
モビット
4.5
商品名フリーキャッシング
ご融資額1万円~800万円
貸付利率3.0%~18.0%(実質年率)
資金使途自由
担保保証人必要ありません
モビット
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • WEB完結申込で電話・郵送なし
  • 限度額が800万円

モビットではカード申込時10秒で簡易審査結果表示となります。入力項目も少ないので、簡単に結果が分かります。

また、利用限度額が800万円なので急に大きなお金が必要になった時でも対応できます。

WEB完結申込で借りるとカードレス&電話連絡や郵送物がない(三井住友銀行または三菱東京銀行に普通口座を持ち、保険証がある方が対象)ので、家族や職場にバレたくないという方にはおすすめのサービスです。

アイフル
3
商品名フキャッシングローン
契約限度額、または貸付金額500万円まで
貸付利率4.5%~18.0%
担保・連帯保証人不要
アイフル