1. ホーム
  2. キャッシングの仕組み
  3. ≫キャッシングの限度額はどう決まる?知っておきたい限度額のアレコレ

キャッシングの限度額はどう決まる?知っておきたい限度額のアレコレ

キャッシングを利用する際に常に意識していなくてはならないのが限度額です。
自分が借入できる限界の金額を知っていなくてはこれからいくら借りられるのかもわからなくなりますし、それでは返済の計画も立てづらくなってしまいます。

一般的に契約した直後は限度額が低い状態でスタートしてそこから信用を蓄積していくことで限度額はアップしていくのですが、しかしここで時折疑問とされるのが、そもそもどうやって限度額は決まっているのかということです。

もちろんキャッシング事業者にとって限度額は非常に重要なものですから、適当に決まっているわけではありません。
ではどういった要素が限度額に影響を与えているのかというと、まず大きいのが年収です。

消費者金融系業者は総量規制の影響を受けるためにおのずと年収の1/3が融資の上限となりますし、総量規制の影響を受けない銀行系業者であっても年収が多い人の方が返済可能性は高いために多く融資をしてくれます。

年収が低いから審査が通らなくなるということはありませんが、少なくとも年収が高ければ限度額は高くなりやすいのです。
続いて重要視されるのが職業の安定性です。
これは高評価を得られる順で公務員、正社員、派遣社員、アルバイトやパート、自営業といった順番になります。

公務員や正社員はその収入が途絶える恐れが低いため限度額が高くなる、自営業は毎月の収入が安定しないうえ下手をすれば収入が消える恐れすらある職業ですから限度額が低くなるといった具合になります。
キャッシングのために職業を変えるというのは現実的ではありませんが、職業も重要な要素であるということは知っておく必要があるでしょう。

そして三つ目がクレジットヒストリーです。
クレジットヒストリー、略してクレヒスとも呼ばれるこれは、言ってしまえばこれまでの借金の履歴のことです。
これまで何回も借金の完済をしている人であれば融資をしても完済してくれる可能性は高いだろうとして見てもらえますが、逆に遅延や滞納があるとかなり厳しい結果につながります。

キャッシングの限度額はこういった要素によって決まっていますから、気になった場合は自分で確認してみましょう。