1. ホーム
  2. キャッシングの仕組み
  3. ≫キャッシングは銀行の融資と何が違うの?

キャッシングは銀行の融資と何が違うの?

キャッシングは、一般個人に対する融資のサービスとして提供することができるものです。本来、銀行などの融資を提供できる企業は個人だけではなく法人に対しても大きなお金を貸すことが出来ます。

しかし、一般個人に対する融資のサービスに関しては積極的に行っているわけではなく、行っていたとしても住宅ローンなどのように大きなお金を貸すことを前提に行っています。

キャッシングの場合は、こうした大きなお金を貸すのではなく小さなお金を一般の個人の消費者に対して提供することを目的としています。ですから、キャッシングを提供する貸金業者は、消費者金融という名称で親しまれています。

消費者金融は、その名前の通り個人の消費者に対してお金を貸すために存在している会社であるためキャッシングというサービスは根本的に銀行のサービスと異なっている性質があります。銀行がお金を貸す時には、厳格な審査を利用して相手が本当にお金を返済することができる能力があるのかどうかを調べていくことになります。

しかし、キャッシングの場合にはこうした厳正な審査を行いません。何故かと言うと、キャッシングで利用できる融資の金額は個人の消費者に合わせて少額に設定されているからです。少額融資に設定されていれば、融資の契約の際に金銭トラブルになってお金を返済することができなくなるという事態を想定する必要がなくなります。

それだけではなく、キャッシングの場合には法律によって初めから限度額が設定されているという他の融資にはない特徴があります。この限度額は法律的な規制によって融資の申込を行った人物の年収の三分の一と決められており、少なくとも貸金業としてお金を貸す場合にはこの規制が必ず適用されます。

そのため、実際に融資をする双方にとって不良債権となってしまうケースが考えられないのです。

このように、キャッシングは安全にお金を借りることができる上に法律的にも安全性が守られている魅力的なサービスです。